第二新卒の就職活動

スーツ姿のフレッシュマン
スーツ姿のフレッシュマン

同じ就職活動でも、新卒と第二新卒ではまったく様相が違ってきます。

第二新卒の就職活動は厳しいものだといわれていますが、それが本当かどうか紹介していきます。

第二新卒について

第二新卒というのは、主に新卒から3年ほど経った頃の、25歳ほどの方が目安となっています。

入社してから3年経ったときに転職するという方も、一般的には第二新卒です。ただ、明確な定義があるわけではありません。

第二新卒が厳しいと言われる理由

第二新卒の就職活動が厳しいと言われる理由はいくつかあります。

第二新卒の方が就職活動を始めると、中途採用の一つとして扱われます。ですから、新卒と比べるとどうしても書類選考に通りにくくなります。

また、新卒の場合は就職活動についての練習や相談ができる場所が設けられていますが、第二新卒だと説明会などがあるわけではありません。

自分一人で就職活動をしていく必要があります。

新卒のときに就職活動をしていても、3年も前のことは覚えていないという方もいますよね。一人で就職活動をするのが不安な場合は、転職エージェントを頼りましょう。

新卒者と第二新卒者の違い/第二新卒者独自の強み

第二新卒としての就職活動をする際に、新卒の頃と同じ感覚で就職活動をしてはいけません。職務経歴書や応募書類の書き方など、基本から異なります。新卒のときと同じ感覚で就職活動をしてしまうと、就職活動に失敗しやすくなります。

社会経験をもっている

新卒の頃と同じ方法ではいけないことを踏まえて就職活動を行えば、第二新卒であっても採用されることは難しくはありません。

第二新卒には、新卒にはない強みもあります。

第二新卒の方には、一度社会に出て仕事をしていた経験があります。

社会人としての経験あるため、基礎的なビジネスマナーが身についていると企業側から見られます。

また、キャリアのある人材に比べ、能力開発の余地が高いと判断もされます。

前職にいた時期が短い

第二新卒の方は3年以内に前社から退職しているので、早期離職している過去があります。

早期離職の経歴が、マイナスの印象に繋がらないか不安ですよね。

ですが、早期離職の過去は第二新卒の方にある強みでもあります。

前に勤務していた職場での期間が短ければ、それぞれの企業がもっている独自の文化や風土に染まってはいないので、新しい職場に早く適応できると見込まれます。

また社会経験がすでにあるので、順応力も高いと判断してもらえるのです。

失敗経験がある

成果や資格ももちろんアピールポイントになりえますが、失敗経験も同じようにアピールできます。

「過去にこのような失敗しました」とただ話してはダメで、そこからどう改善したかなどを面接官に伝えられれば、好印象につながるでしょう。

第二新卒の就職活動に成功するには

新卒でも第二新卒でも、企業側はその人がどう会社に貢献してくれるかを重視します。就職活動の準備をしっかりととっていれば、失敗する確率も減らせるでしょう。

採用されやすい時期を選ぶ

第二新卒の方が採用されやすい期間は、1月から3月の間と、7月から9月の間です。

4月になると転職を考えている人が退職し、10月には人事異動があるため、人の出入りが一層活発になります。

雇用予定人員数が空くことも多くなり、1月から3月、7月から9月に採用も増えます。

4月に入社できれば、新人研修が一緒に実施される新卒と同期になれるので、相談相手を作りやすくもなるでしょう。

また、4月入社であれば、契約書の手続きなども一度で済ませることができるため、雇用者側と企業側の双方に、手間をはぶけるメリットがあるのです。

新卒採用に力が入る採用期間は4月から6月の間と、10月から12月の間となっていますが、第二新卒の方はこの期間を避けましょう。

4月から6月は、翌年度の新卒採用のための人員を募集している企業がほとんどです。

また、4月に入社した社員の教育をしていることもあるので、第二新卒の採用は難しくなっています。

企業や自己アピールについて把握する

企業について情報を得ていなかったり、なんの把握もしていなければ、企業はまず採用してくれません。

企業や業界の把握をして、そこから何に繋げていきたいかをアピールすれば、企業側に熱意を伝えることができます。

就職するために何をしてきたのかを自己アピールで伝えられれば、相手に理由を明確に説明できます。前述した失敗経験や、前職で学んだことなどを自分のなかで整理して、明確に伝えましょう。

完璧な自分を演じる必要はありません。熱意とやる気をアピールしてください。

第二新卒の就職活動を始める前に資格などを取れば、アピールポイントを増やせるでしょう。

まとめ

第二新卒の就職活動は、企業が採用に積極的になる期間が新卒と大きくずれています。新卒採用の時期に就職活動を始めるのは避けるべきです。

採用されやすい期間を狙い、第二新卒だからこその強みを活かしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です